オイル美容についてのセミナーを受けてきました

2019年7月21日 日本化粧品検定協会顧問 白野実氏のセミナーを受けてきました。テーマは「オイルコスメを読む」です。美容オイルに関して、専門家の先生の理論的な話を聞くことができ、非常に勉強になりました。セミナーで学んだことの自分自身の復習というスタンスでまとめたものです。検索エンジンにはインデックスされないように設定しています。

オイル成分の働き

→ エモリエント効果
オイルの働きは、一言でまとめるとエモリエント効果ということです。エモリエントとは、日本化粧品工業会によると、「皮膚からの水分蒸散を抑えてうるおいを保ち、皮膚を柔らかくすること」と定義しているようです。また、水は、モイスチャー効果です。このエモリエント効果を分解すると・・・。

1、オイルシール効果

・水分の蒸散を防いで、皮膚の水分を維持する。
・オイルシール効果
・角質細胞間脂質強化
・セラミド的な効果

2、皮膚を柔軟にする

・オイルは疎水性である角質に馴染む
・水だけあっても肌は柔らかくならない

こだわり商品研究所コメント
オイル成分の働きは、エモリエント効果。分解するとこの2つですが。
オイルシール効果は、想像しやすい役割です。
「角質細胞間脂質強化」という表現になると、よりオイルの重要性が理解しやすくなります。
またオイルの成分が何であるかが大切になることが想像できます。
皮膚を柔軟にする。角質は疎水性で、水だけでは肌が柔らかくならない、オイルが必要。オイルは重要な役割を担っているのですね。
水分の蒸散を防いで、角質細胞間脂質を強化する。また、肌を柔らかくする。
オイルの役割と重要性を整理できました。

化粧品に使用されるオイル(油性成分)の分類方法のひとつ・・・構造で分ける

①炭化水素

②高級脂肪酸

③高級アルコール

④エステルロウ

⑤油脂

①炭化水素

オイルの基本構造だけでできている。
水素(H)と炭素(C)だけでできている。
だから、炭化水素
水と馴染む部分が全くない
他のオイルより水分閉塞性(蓋をする効果)が高い
オイルシール効果が高い
酸化安定性が高い
純度が高い。
不純物がほとんどない

A)石油由来成分
・ミネラルオイル(流動パラフィン)
・ワセリン
・パラフィン

B)動植物由来
・スクワラン(サメ、オリーブ、サトウキビ)

C)合成
・水添ポリイソプテン

こだわり商品研究所コメント
炭化水素が最もオイルシール効果が高いそうです。ワセリンが人気と聞きます。この理由だったのですね。動植物由来で、このカテゴリーに入るのは、スクワラン。こだわり商品研究所でも探そうと思います。

②高級脂肪酸

炭素(C)が長いので高級という表現なのだそうです。
お酢(酢酸)も同じ構造で仲間。しかし、炭素(C)が短いので低級脂肪酸という表現だそうです。栄養の分野とはまた違った表現です。

アルカリ剤(水酸化カリウム、水酸化ナトリウム)と反応させると石鹸になる。
クリームや乳液に硬さを与える(主としてステアリン酸)
乳化を助ける(石鹸として)

・ラウリン酸
・ミリスチン酸
・パルミチン酸
・ステアリン酸
・オレイン酸
・リノール酸
・リノレン酸

二重結合があると、曲がる→肌を柔らかくする。
二重結合の数が多いほど、肌を柔らかくする。

こだわり商品研究所コメント
これは脂肪酸の状態で存在する原料のことです。単体で使うものではありません。スキンケア製品の原料になります。中和法で石鹸をつくる際の原料として使われているものと思われます。二重結合の数で、肌を柔らかくする度合いが変わるようです。この中では、オレイン酸より下が二重結合がある不飽和脂肪酸です。

 

③高級アルコール

水に溶けないのは、高級という
クリームや乳液に硬さを与える
乳化を助ける

・セタノール
・ステアリルアルコール

こだわり商品研究所コメント
これも単体で使うものではなく、脂肪酸の状態で存在する原料です。

 

④エステルロウ

酸(高級脂肪酸など)とアルコールがくっついたカタチ
エステルが主成分のものがロウ

A)合成
・パルミチン酸エチルヘキシル
・ラウロイルグルタミン酸ジ

B)天然由来
ホホバ油(植物オイルとしては珍しいロウ)
・ミツロウ
・カルナウバロウ

こだわり商品研究所コメント
ホホバオイルは、このカテゴリーに入ります。ホホバオイルは、カテゴリーとしては油脂ではありません。ただ、親油性です。トリグリセリドが3%程度ですから、酸化しにくいのも特徴。ホホバオイルのワックスエステルは、皮脂に含まれる成分でもあります。

 

⑤油脂

トリグリセリド
人の皮脂の40%は油脂
グリセリンと脂肪酸×3がくっついている部分は、常在菌が切る

微量成分(フィトケミカル)が機能性を左右することがある
→ 植物ステロール、カロテン、ポリフェノール、フラボノイド
→ 精製されたオイルは、微量成分はほとんどなくなる

飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸がある。
不飽和脂肪酸は、二重結合があるため、より肌が柔らかくなりやすい。
不飽和脂肪酸は、オイルシール効果が飽和脂肪酸に比べると低い。
不飽和脂肪酸の最大の欠点は酸化されること
酸化すると刺激になる

A)天然
・多くの動植物油
・オリーブオイル
アルガンオイル
椿オイル
肌馬油ベビーピュアオイル
シアバター

B)合成
・トリエチルヘキサノイン
・トリグリセリル

こだわり商品研究所コメント
オリーブオイル、アルガンオイル、椿油など、植物名がついたオイルはこのカテゴリーです。
液体状のオイルには、不飽和脂肪酸が多く含まれます。固形状のオイルには、飽和脂肪酸が多いです。
油脂を考える上でのポイントは、
●お肌を柔らかくする。
●微量栄養素。
●酸化。
●皮膚常在菌。
トリグリセリドは、「グリセリン+3つの脂肪酸」で構成されますが、肌の常在菌がこの3つの脂肪酸を切り離します。切られた後の脂肪酸は、酸ですから、PHを整え、お肌を弱酸性に導きます。
油脂の量が多いと、常在菌が必要以上に活発になり、ニキビや毛穴を大きくする原因になるともいわれています。

美容オイルの選び方

オイルシール効果が欲しい

オイルシール効果が高いオイル
・ワセリン
シアバター
・スクワラン

乾燥が気になる、皮脂の少ない部分に、油分を補給

不飽和脂肪酸の多い100%植物オイル(他、馬油)
椿オイル
肌馬油ベビーピュアオイル

ベタベタした使用感やにおいが苦手

ブレンドオイル
バイタルエッセンス(クオン)
エターナルエッセンス(クオン)
インデプスエッセンス(クオン)

水分不足も気になる

水溶性成分混合オイル
ボディオイルインローション(クオン)

 

●炭素(C)の鎖が長くなると固くなる。蓋をする効果が高くなる。

 

●不飽和脂肪酸があると柔らかくなる。蓋をする効果が低くなる。

美容オイルの使い方

酸化安定性が良いオイル

・スクワラン
ホホバ油

どのタイミングで使ってもOK

酸化安定性がやや心配なオイル

液状オイル全般
・オリーブオイル
アルガンオイル
椿オイル
肌馬油ベビーピュアオイル

紫外線があたらない夜に使用する。朝の軽い洗顔で落とす。

オイルシール効果を狙う

シアバター

お手入れの一番最後

皮膚柔軟効果を狙う

クレンジング→洗顔→オイル→化粧水

角質細胞間脂質強化を狙う

クレンジング→洗顔→化粧水→オイル

 

こだわり商品研究所コメント
サイトによっては、アルガンオイルは昼間は大丈夫とか、書かれている場合もあります。判断基準は、二重結合の脂肪酸がどれくらいの割合で含まれているかです。アルガンオイルは、オレイン酸が約45%、リノール酸が約35%含まれています。オレイン酸は、二重結合が1つ、リノール酸は2重結合が2つある脂肪酸ですので、酸化安定性が不安であるという考え方です。

 

オイルの注意点・・・酸化

酸化に注意

酸化すると皮脂も酸化する

・酸化すると皮膚に刺激

・色やにおいが変わったら使用禁止

酸化しやすいオイルは外出前は避ける

長時間つけっぱなしは避ける

紫外線で酸化する

・皮膚常在菌により酸化、分解、代謝される

●抗酸化成分として、トコフェロールが配合されることがある。

トコフェロール(ビタミンE・・・抗酸化成分)
α 1.0    ・・・抗酸化力が一番高いが、持続性が低い
β 0.3~0.4
γ 0.1
δ 0.01~0.03 ・・・ 抗酸化力は一番低いが、酸化防止の持続性が高い

 

人の顔の皮脂の脂肪酸構成

ミリスチン酸・・・約 2%
パルミチン酸・・・約 27%
ステアリン酸・・・約 16%
パルミトオレイン酸・・・約 8%
オレイン酸 ・・・約 22%
リノール酸 ・・・約 13%
その他   ・・・約 12%

飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸をバランスよく含む。
パルミトオレイン酸を含むのもポイント

こだわり商品研究所コメント
脂肪酸の構成になります。ワックスエステルはこの中に入っていません。この脂肪酸の構成を頭に入れて、使用するオイルを選ぶのも良いと思います。ちなみにパルミトオレイン酸を含む動植物油は、数が少なく、馬油、もしくは、マカデミアナッツオイルになります。