「新・腸活とは」という講演を聞いてきました

2019年5月24日、東京ビッグサイトにて帝京平成大学 健康メディカル学部 健康栄養学科 松井輝明教授の講演を聞いてきました。とても勉強になりました。自分自身の勉強の記録・復習としても、聞いた内容をまとめてみました。

大腸の長さと働き

小腸・・・5~6m。消化・栄養吸収。5時間かけて栄養を吸収する。
大腸・・・1.5~1.6m。水分・ミネラル分を(再)吸収。便をつくる。排出されるまでに15時間かかる。

腸内細菌と腸内フローラ

腸内細菌・・・腸の中に棲んでいる細菌
腸内フローラ・・・腸内細菌の集合体

腸内細菌

善玉菌、悪玉菌など数千種類以上。数百兆個以上が存在。
善玉菌優位のバランスが、最適な環境。
腸内細菌の多くは、胃酸、胆汁、酸素がない環境を好む
腸内フローラは、2kgほどの重量があり、「ひとつの臓器」ともいわれている。

腸内フローラ

腸内細菌数
・胃・・・100~1000個/g 強い胃酸があるため
・十二指腸・・・100~1000個/g 胆汁のため
・空腸・・・約10000個/g  流れが速く増殖し難い
・回腸・・・10万~1000万/g
・大腸・・・100兆個以上

→ 腸内フローラは、大腸にある。

 

日本人の大腸劣化

日本人の大腸劣化

大腸は病気になりやすい
大腸が病気になりやすいのは・・・ゆっくり進むから
大腸は老廃物が溜まりやすく、炎症も発生しやすい。
有害な毒素も発生しがち。
つまり、大腸劣化が起きやすい。

→ 腸の健康には大腸ケアが重要

大腸劣化の原因とは

大腸劣化を起こす原因
1、糖質オフ → 炭水化物制限 → 食物繊維不足 → 悪玉菌優勢の腸内環境
2、たんぱく質ブーム → 悪玉菌のエサ供給 → 悪玉菌優勢の腸内環境
3、さらなる食の欧米化 → 動物性高脂肪食 → 悪玉菌のエサ供給 → 悪玉菌優勢の腸内環境

炭水化物とは
● 糖 質

・単糖類・・・ブドウ糖、果糖、ガラクトース
・二糖類・・・オリゴ糖
・多糖類・・・でんぷん、グリコーゲン、ペクチン、グルコマンナン
● 食物繊維

→ 炭水化物を食べないと、食物繊維不足になりやすい。

 

発酵と腐敗

大腸では「発酵」と「腐敗」が起こっている

・「発酵」は身体に良い働き・・・「発酵」で「短鎖脂肪酸」が産生される。
・「腐敗」は身体に悪い働き・・・「腐敗」で毒素が発生する。

腐敗により毒素が増える(腐敗)> (発酵)短鎖脂肪酸が不足する

→ 大腸劣化となる。

短鎖脂肪酸

発酵で産生されるのが「短鎖脂肪酸」というスーパー物質

・悪玉菌を抑制
・抗炎症作用
・全身のエネルギー源
・やせ体質に導く

大腸が劣化すると

大腸が劣化すると・・・

腸の粘膜に穴が開く「腸漏れ」の状態に・・・

「腸漏れ」の状態になると・・・

大腸で発生した毒素は、血流にのって全身へ広がる。

大腸の不調は全身トラブルへ

腸内フローラが病気のリスクに

 

大腸劣化を防ぐために

腸内劣化を防ぐために

短鎖脂肪酸は大腸で増やすことができる。
大腸内の代表的な善玉菌である「ビフィズス菌」が「食物繊維」などをエサに「短鎖脂肪酸」を産生

大腸には水溶性食物繊維が重要

食物繊維


不溶性食物繊維
・・・便のカサを増す。腸の蠕動を促す。
キャベツ、レタス、ほうれん草、タケノコ、エリンギ、大豆

水溶性食物繊維・・・便を柔らかくする。便のすべりを良くする。
ワカメ、ひじき、らっきょう、大麦

水溶性・不溶性・・・ごぼう、にんじん、じゃがいも、キウイ、なめこ、プルーン、納豆

※水溶性食物繊維が、善玉菌のエサとなります。ただ、1食中で食べられる量の問題があります。適切な量を毎日食べるのに適している食品が大麦です。他の食品はいろいろな種類をまんべんなく食べるのがよろしいかと思います。