メルマガ(2月16日)ムクティヘナは、美髪を育てるエクササイズ

5回目のムクティヘナ

先週末ムクティヘナとト-ンダウンパウダーを使いました。

これで、5回目になりますでしょうか。

土曜日にムクティヘナを頭皮と髪に塗って6時間過ごしました。

通常は、1~2時間です。

6時間と言っても、普通に過してあっという間でした。

外出もしました。

パーカーのフードを被って外出しました。

そして、日曜日にトーンダウンパウダーを1時間30分程度。

通常は、30分~1時間程度です。

どちらも最大限 長く時間をかけました。

ムクティヘナ + トーンダウンで、憧れの黒髪 & 髪がさらさらに

今回もよく染まりました。

私の場合、ムクティヘナだけですと、少し落ち着いた多少明るめのブラウンです。

これだけでも問題ありません。

これにトーンダウンをすると、憧れの黒髪です。

1時間半かけましたから、よくトーンダウンしています。

わたしは、髪が子供の頃からずっと茶色っぽいので、黒髪に憧れがあります(^^)

髪もサラサラです。

思わず自分でも触れたくなるサラサラ感です。

水曜日に展示会で、いろんな取引先から「髪サラサラですね~」と言われました。

 

妹もチャレンジ! 満足!

じつは、今回 妹もヘナとトーンダウンを初めてトライしました。

ケミカルなヘアダイをずっと続けていくことに、大きな抵抗があったようです。

それで、自然な白髪染めであるヘナをやってみたかったと。

結果的には非常に良く染まりました。

トーンダウンパウダーも効果的でした。

美容院で染めたのと比べても、遜色ない仕上がりになりました。

しかも、髪がサラサラ!

これで、晴れてケミカルな白髪染めに戻らなくてもよくなりました。

髪が痛むことも、地肌へのダメージも、これからはありません。

満足しているようです。

 

たとえ面倒であったとしても、やる価値があります。

わたくし、

「ヘナを使うのは、思ったほど面倒ではないですよ。」

と説明しています。

ただ、その説明に補足を加える必要がある気がしてきました。

「それほど面倒ではないですから、ヘナどうですか」

という方向性の表現でご説明するのは、本質的ではないかも・・・。

これからは、

「たとえ面倒であったとしても、やる価値があります。」

「面倒くらいの理由でやらないのはもったいないかも・・・。」

でしょうか(^^)

ただ、わたしは面倒に思っていません。

それは、髪を育てている感覚がするからです。

ジムなどで運動をして、身体を鍛えているのと同じ感覚です。

「身体を鍛える楽しさ」と同じような、「髪を育てている楽しさ」があります。

ジムは週に何回も通う必要がありますが、ヘナは月に1回ですみます。

わたしの中では、面倒のうちに入りません。

ヘナを使うと、「髪を育てている感」をすごく感じます。

ムクティヘナは、月に1回の 髪を育てるエクササイズ

今回、商品をご紹介するにあたって、

単なる「白髪染め」だけでなく、

「美髪を育てる」ための重要なハーブとして、

ご紹介していきたいと思っています・・・

というような言葉を繰り返し使っています。

 

これは、使うたびごとに、

「髪を育てている感」を強く受けるからです。

わたしは、まだ5回目ですが、

将来の髪の不安が少なくなってきています。

いつ無くなるか・・・と不安に思いながら、50年以上生きてきたのですが・・・(^^;

ヘナは、月に1回の「髪を育てるエクササイズ」として、とりいれる価値があると思っています。

こだわり商品研究所のヘアケアの核となる商品です。

mukti