エキストラバージンオリーブオイル「エグレヒオ」を選んだ理由

エグレヒオの説明は商品説明に書かれていますが、少し違った角度で選んだ理由を説明します。

日本に入ってるエキストラバージンオリーブオイルは80%が品質偽造

日本に入ってきている エキストラバージンオリーブオイルは、その80%が品質偽造品と言われています。これは、日本オリーブオイルソムリエ協会の出している本に書かれています。
よく売れた本ですからご覧になられたことがある人もいらっしゃるのでは。
そのオリーブオイルは偽物です」多田俊哉著(小学館)
決定版!本物のオリーブオイルはこれを選びなさい」日本オリーブオイルソムリエ協会(小学館)

どのような品質偽造が・・・

では、どのような品質偽造品があるかと言いますと、

オリーブオイルは収穫した瞬間から遅くとも24時間以内に搾油をする必要があります。それができず何日も貯め込まれた果実は、腐って発酵し、カビが生えてしまうこともあるそうです。その悪臭や酸味、カビ臭さ、エグみが油の中に残ってしまいます。

オリーブオイルは、高温で長時間練り込む方が多くのオイルを搾油できます。しかし、高温では酵母が活発に働いて発酵したり、加熱臭がしたりします。それをコールドプレスと偽っているものもあるようです。

搾油したオリーブオイルを貯蔵する際、数日置きにタンクを移し替えてタンクの底にたまる澱や水分を除去します。その手間を惜しむと澱が腐敗・発酵します。温度管理の問題で酸化することも。

精製したオリーブオイルを混ぜたり、低級なオリーブオイルを混ぜたり、ひまわり油、ピーナッツ油をまぜたりすることもあるようです。

日本ではエキストラバージンオリーブオイルと表記する際の法規制がありません。粗悪なオイルがエキストラバージンと記載されていることもあるようです。

本物を選ぶためには

では、どのように本物のエキストラバージンオリーブオイルを選ぶかと言いますと、実際に自分の舌で判断するしかないのです。
しかし、エキストラバージンオリーブオイルのテイスティングをして味を見極めるのは訓練が必要です。そこで、日本オリーブオイルソムリエ協会が、オリーブオイルソムリエの育成を行っています。
それで、わたしはジュニアオリーブオイルソムリエの資格を取りました。

オリーブジャパンコンテストの受賞品から選ぶ

そうでなく判断する方法としては、オリーブジャパンなどのコンテストで受賞をするようなオリーブオイルを判断基準にするのが良いと思われます。オリーブジャパンは、世界でもっとも厳しいと言われているオリーブオイルのコンテストのひとつです。いわゆる忖度無しのガチのコンテストです。
ただし、オリーブオイルは年によって天候などで出来上がりが左右されます。単年で賞を受賞したとしても翌年には、賞を取れない可能性もあります。ですから、連続して受賞をしているオリーブオイルを選ぶというのが大切です。

エグレヒオは5年連続受賞

さて、エグレヒオですが、このオリーブジャパンで、5年連続で受賞しているエキストラバージンオリーブオイルです。2015年には最優秀賞を受賞しています。金賞も3回。銀賞1回です。
これは、多くのエントリーしているオリーブオイルの中でもかなり上位の成績です。この結果を見ると、エグレヒオは本物のエキストラバージンオリーブオイルであることがわかります。

有機JAS認証

では、つぎに有機JAS認証の件です。こだわり商品研究所で、農産物由来の商品を選ぶ時は、有機JAS認証を取得している商品を選ぶようにしています。これは、有機JASを取得するために、厳格な審査を受ける必要があるためです。安心のためのひとつの基準になると思います。
また、最近サルベストロールと言う成分が有機の農産物に多く含まれる言うことが知られてきました。有機の商品を選ぶ理由が、「安心」だけでなく、「健康的な働きをする栄養素」が多く含まれるという、わかりやすく、医学的な判断基準になりつつあります。

ボトルの遮光性も大切

そして、ボトルの遮光性です。エキストラバージンオリーブオイルは、オレイン酸が70%以上で、抗酸化栄養素も多く発見されているため、酸化しにくいという特徴があります。しかし、酸化しないわけではありません。ボトルは、できるだけ遮光敏であるほうが望ましいです。実際遮光瓶に入っているエキストラバージンオリーブオイルが多いと思います。
ところがエグレヒオは、まったく光が入らない瓶に入っています。
酸化と言う面では、そうとう効果的な瓶です。
しかも、おしゃれです!!
キッチンに置くと、きっと気分が上がるデザインです。

普段使いできる価格設定

最後に価格です。
エキストラバージンオリーブオイルは、高いオイルと言うイメージがあると思います。
たしかに高いです。こだわり商品研究所は、エキストラバージンオリーブオイルは、美味しさはもちろんですが、健康面での効果で、紹介したいと考えました。ですから、普段使いできる価格のエキストラバージンオリーブオイルを探しました。
エグレヒオは、500mlで2500円(税別)です。
これは、オリーブジャパンで受賞をするような他のハイクオリティーのエキストラバージンオリーブオイル と比較をすると、かなりリーズナブルです。
1mlあたりの価格を比較して見ましたが、エグレヒオが最もリーズナブルでした。
この価格設定は、輸入元の理念によるものです。本物のエキストラバージンオリーブオイルを普段使いで使って欲しい。良い輸入元を見つけたと思います。

味は、まさにエキストラバージンオリーブオイル

ほんとうに最後になりましたが、一番大切な味です。こだわり商品研究所で選ぶ際に、クセのあるエキストラバージンオリーブオイルではなく、万人受けする味のエキストラバージンオリーブオイル
を選びたいと思っていました。なぜなら、普段使いのエキストラバージンオリーブオイルだからです。炒めものにも使って欲しいですし、調味料としても使って欲しい。だから、できるだけクセのない、これぞエキストラバージンオリーブオイルという味を選びたかったです。まさに、エグレヒオはその味になります。フルーティーで、クセが無く、エキストラバージンオリーブオイルの特徴である「辛み」もあります。この「辛み」はエキストラバージンオリーブオイルに含まれるポリフェノールです。この辛み成分が、健康面でもいろいろな好影響を与えることがわかってきています。
エグレヒオは、味的にも、まさにエキストラバージンオリーブオイルであると思っています。

以上が、こだわり商品研究所がエグレヒオを選んだ理由です。
わたしは、毎日欠かさずに、エグレヒオをいろいろな料理に使っています。
ジュニアオリーブオイルソムリエの資格をとったのは、このエグレヒオに出会うためであったと思っています。

 

ぜひ、エグレヒオをお試しください。

●オレオエステパ社エグレヒオ
https://www.kodawari-lab.com/item/oliveoil-egregio

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です